熱交換器メンテナンスのポイントとは

プレート式熱交換器は伝熱係数が高く軽量でコンパクトなため、様々な工場で広く使われています。このタイプの熱交換器は乱流効果によってプレートの表面に汚れを付きにくいという特徴がありますが、性能を維持するためには定期的な熱交換器メンテナンスが必要です。定期的に適切な方法で洗浄を行えば、プレートを傷めることなく能力を回復させることができます。表面の汚れを落とすのに加えてプレートの検査も実施すれば、歪みや腐食などを早期に発見できるというメリットもあります。

熱交換器メンテナンスを行うと、伝熱効率の低下を防いでエネルギーロスを抑制できます。さらに突発的なトラブルが生じるのを未然に防ぐことができるため、無駄な費用や労力の浪費を防げます。プレート式熱交換器は単純な構造をしており、セルフメンテナンスを行うのが一般的です。しかし間違った方法で熱交換器メンテナンスを行うと、流体が漏れたり能力が不足する原因になるので注意しなければなりません。

効率的に熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、メーカーに依頼するとよいでしょう。ただしメーカーに依頼した場合にはパーツ代金や作業費などの費用が発生します。外注費はあまり安くなく開放洗浄を行うには工場を停止しなければなりません。スケールの除去には強酸性の洗浄液を使用するので、費用を抑えて自らメンテナンスを行う場合には技術と経験が必要になります。

費用を抑えながら効率的に熱交換器メンテナンスを行いたい場合には、専門の会社に相談するのがおすすめです。状況に応じて最適な方法でメンテナンスを行ってくれるので、費用を抑えつつ素早く確実に性能を回復させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です