熱交換器メンテナンスを実施する理由

再生可能エネルギー機器として、2000年以降に注目を集めているのが熱交換器です。日本ではガスと電気を販売する会社が取り扱いを実施していますが、オーストリアやデンマークでは、個人一人ひとりが自由に購入をして利用をされています。昨今は長年排出してきた二酸化炭素の影響で、地球規模の温暖化現象が顕著にあらわれるようになりました。日本では豪雨と大型台風という自然現象を体験する機会が増え、これも温暖化の一因です。

二酸化炭素の排出をストップさせるには、再生可能エネルギーを使用するのが一番いい方法です。そのなかでも地熱を利用すれば、天候に左右されずに欲しいだけの電気を賄えます。実際に一般家庭でも熱交換器の普及は年々増加をしていて、2021年3月時点で約5、200万世帯に備えられています。熱交換器を導入しているご家庭では、半年に一回のペースで熱交換器メンテナンスを実施されていることでしょう。

先述したように、日本では電力・ガス会社が主導となって熱交換器メンテナンスも実施されています。年に2回もメンテナンスをするのは若干多い気もしますが、これには理由があります。熱交換器メンテナンスの必要性は大変重要で、地熱という大きなエネルギーを使用しているからです。発電ユニットを一般家庭で駆動させるのは大規模な火災や漏電事故が起こりやすい環境です。

それを未然に防ぐために、法規で免許を有した技能士がメンテナンスをするようにと定めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です