定期的な熱交換器メンテナンスが重要です

熱エネルギーは高い方から低い方に移動する性質がありますが、熱交換とは温度の高い流体から低い流体に熱エネルギーを移動させることです。具体的な方法としては金属などで隔てられた固体壁を媒介にして2種類の流体を流し、相互の温度を伝え合う隔壁方式が広く行われています。流体の加熱・冷却や濃縮、蒸発や凝縮の他に熱回収などを行うために様々な産業分野において隔壁方式の熱交換器は不可欠な存在です。隔壁方式は間接的に熱を交換する仕組みですが、直接的に空気や水などを接触させる方式も存在します。

直接接触方式は空気を使って水の蒸発を促し温水を冷やす冷却塔や、蒸気など温かい気体を冷却水で冷やすバロメトリックコンデンサーなどに採用されています。日常生活に近い場所にある熱交換器にはエアコンや自動車のラジエーター、給湯器などがあります。製造業の現場ではプレート式やスパイラル式、コイル式など様々なタイプの熱交換器が使われています。性能を維持して効率的に熱交換を行うためには、定期的な熱交換器メンテナンスが重要になります。

定期的な熱交換器メンテナンスを行うと能力を回復させることができるだけでなく、異常を早期に発見できます。プレート式熱交換器の場合は最適な方法で洗浄すれば、プレートを傷めずに能力を回復させることが可能です。熱交換器メンテナンスはエネルギーの喪失を抑えるだけでなく、急にトラブルが発生するリスクを軽減してくれます。急なトラブルが発生すると復旧までに時間がかかったり、無駄な費用が発生する可能性があります。

定期的な熱交換器メンテナンスを行えば、トラブルを避けて効率的に装置を稼働させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です