ろ過器を使えば効率的に異物を除去できます

水中に含まれる不純物を除去するろ過器には砂やガラス製のろ過材を使うものの他に、遠心力を利用するタイプが存在します。食品や化学薬品を扱う工場の他にも、金属加工を行う工場など様々な場所でろ過器が使われています。汚水や汚泥を処理したり、プールや水族館などで水を浄化するためにもろ過器は欠かすことができません。日常生活で使う水道水は、ダムに貯められた川の水や雨水などが浄水場に送られて浄化されたものです。

微細な不純物を取り除くために様々なタイプのろ過器が活躍しています。一般的に広く利用されているのは砂を使って不純物を除去するタイプです。このタイプは砂利が多層に敷き詰められており、水が通過する際に不純物が取り除かれます。また砂利には藻類や微生物も含まれているため、それらの働きによって水中の菌類なども除去できます。

最近では砂利の代わりにガラス製のフィルターを使用するタイプも広く普及しています。砂利を使うタイプは内部に汚れが浸透して腐食し、徐々に性能が低下するため定期的なメンテナンスが欠かせません。ガラス製のフィルターを使うタイプは汚れが浸透して腐食することがなく、簡単に排出して常に綺麗な状態を維持できます。砂利を使うタイプよりもろ過能力やメンテナンス性が優れています。

遠心力を利用して不純物を除去するタイプはマルチサイクロンと呼ばれており、分離された不純物は下部にある透明なタンクに蓄積します。このタイプは効率的に不純物を除去できるだけでなく、ドレンバルブを開くだけで簡単に溜まった不純物を排出できるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です