長い歴史を持つ老舗企業のアルファラバルとは

投稿日:

アルファラバルはスウェーデンに本社のある老舗企業で熱交換器や流体移送機器、遠心分離機などを開発しています。1883年に2人の技術者によって設立され、現在では熱交換器などの分野で世界的なシェアを占める企業です。グループ全体では1万7千人ものスタッフを抱えており、世界の約100か国で事業を展開しています。アルファラバルには専門的なスキルと豊富な経験を持つサービスエンジニアがおり、世界中の拠点や主要な港湾にあるサービスセンターでは充実したサポートが受けられます。

アルファラバルが毎年35から40もの新製品を誕生させることができるのは、年間総売上の約2.3%を研究・開発に投資しているからです。この会社はこれまでに3700件を超える特許を取得しており、優れた技術を活かして顧客の要望に応える新製品を生み出し続けています。アルファラバルにはエネルギー事業本部とフード&ウォーター事業本部、マリン事業本部という3つの営業部門が存在します。この会社の組織構造は営業とサービスを横断的に結び付ける形になっていて、様々な要望に柔軟に対応できます。

グローバルなネットワークを活かし、きめ細かなサービス提供している点にこの会社の特徴があります。アルファラバルは熱交換や流体制御、分離に関する高度な技術を備えた企業です。これらの技術はあらゆる産業において不可欠な存在であり食品・飲料や化学製品、医薬品やエネルギー様々な分野で同社の製品が活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です