熱交換器 スケールで定期メンテナンスがいる理由

再生可能エネルギーというものをご存知ですか。国内では2015年頃から、新聞やニュースでたびたび報じられるようになりました。これは2015年の秋、フランスで開催さえたG7の議題となった地球温暖化抑制に大きく関わっており、日本では2025年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを宣言しました。これに先駆けて、政府では、新たに再生可能エネルギー装置を購入する方には、最大で90パーセントの購入・設置費用の補助を開始されたわけです。

再生可能エネルギー装置は大きくわけて二種類になります。ひとつは太陽光ソーラーパネルで、もうひとつが熱交換器スケールです。日本の一般家庭の場合、さほど大きな敷地面積とならないので後者の熱交換器スケールを導入するケースが多いのが特徴でしょう。ここでh熱交換器スケールに焦点をあてて解説をしていきます。

既に導入をされているとおわかりになりますが、必ず半年に一回は熱交換器スケールの定期メンテナンスがあります。なぜそれが必要なのかというと、常時高温の地熱を汲み上げているからです。スケールはチタン製で耐久度に優れてはいるものの、高温に常時さらされていると何かしら不具合は発生するものでしょう。われわれの生活に必要不可欠な装置であるため、必ず設置したメーカーでは熱交換器スケールの点検を所有者に義務付けられているわけです。

有資格者しかおこなえないので、個人で実施をすることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です