熱交換器 スケールの概要と使い方とは

昨今では色んな場所で、再生可能エネルギーという言葉を聞くようになりました。日本では2025年までに二酸化炭素の排出量を最大で90パーセントカットを目指しており、国連を中心にした組織で世界中で取り組まれている脱炭素運動です。これは地球温暖化を食い止めるための作戦であり、限りなくゼロに近い二酸化炭素の排出で電気を生み出さないといけません。国内では太陽光ソーラーパネルを使用した発電の次に、地熱を活用した電気を生み出すのが主流となりました。

一般家庭で低コストで採用できるのがメリットであり、熱交換器スケールという設備を導入するだけです。ここでは熱交換器スケールの概要と使い方について触れていきましょう。日本は全国で温泉が湧き出る環境下にありますが、それを活用できるのが地熱発電というわけです。熱交換器スケールは地下約100メートルの地点から湧き上がるエネルギーを使って、内部に組み込んでいるタービンを回転させるのが特徴です。

1時間あたり約150回転をしており、その回転力を使って電気エネルギーを生み出しています。平均的な4人家族であれば、1日約250kwhの電気を使用しますが、熱交換器スケールではそれを賄える能力を持っているのがポイントです。使い方はシンプルで、用意している蓄電池にエネルギーを蓄えてから住宅の主電源と接続をして、テレビやパソコン、IHヒーターなどを動かせるようになっているのが特徴になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です