セルフ対応で熱交換器 スケールの調整をする方法

地球温暖化現象が顕著となった昨今では、一般家庭でも二酸化炭素を排出させない努力をなされるようになりました。世界でもっとも多くの二酸化炭素を排出する社会行動は、電気を使うという行動です。化石燃料を使用した火力発電だと、1年間で約9100万トンもの二酸化炭素を排出している計算となります。政府では2009年から、各家庭や事業所などで再生可能エネルギー装置を新しく購入する場合は、最大で80パーセントの購入・設置費用の補助をすると明言しました。

実際に各自治体では申請を受け付けており、これによって家庭でも広く普及をしていることがわかります。再生可能エネルギー設備でもっとも高い需要があるのが、熱交換器スケールです。地下に眠っている地熱を汲み上げて、地熱回収をしているのですが、装置内に組み込まれているタービンは計10段階で調整をして、発電能力を変更させることが可能です。熱交換器スケールは現時点では4種類の装置しか販売されておらず、一般家庭向けと事業所向けが同じ熱交換器スケールとなります。

平均的な4人家族の場合、1日で150kwh程度の電気しか使用しないので、この数値で熱交換器スケールを調整しましょう。セルフ対応で実施をすることができ、本体の側面にあるリモコンを使用します。150kwhという数値を入力するだけなので、どなたでも簡単におこなえます。一人暮らしだと100kwhなので、住んでいる方の人数に合わせるのがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です