熱交換器メンテナンスについて

熱交換器とは、温度の高い物体から温度が低い物体へ熱を移動させることによって、物体の加熱や冷却を行うことができる機械のことです。主に水や周囲の空気などが熱交換で使用されます。熱交換器内では、2種類の流体を金属製のプレートなどを介して流し、互いの温度を伝え合い高温と低温の流体を交互に流して移動させることによって、高温流体の温度は下がり、低温流体の温度は上がります。しかし長年熱交換器を使用していると、次第に冷えなくなったり、温まらなくなったりして能力が低下していきます。

使用している熱交換器がプレート式であれば、定期的な熱交換器メンテナンスを行うことでもと通りに稼働し、機械の寿命を延長することもできます。熱交換器メンテナンスは、普段の点検で機器類の状態を確認する時点から始まっています。正常な稼働状態を知ることで、異常があった場合はトラブルになる前に対処することが可能になります。もしトラブルが発生している時は、原因としてプレートの汚れやスケールといった汚れの付着、プレートの腐食や破損、ガスケットの劣化が考えられます。

その場合は直ちに適切な対処が必要です。熱交換器メンテナンスには、薬品洗浄やジェット洗浄によるリコンディショニング、高圧洗浄、プレート入替およびエクスチェンジなどの方法があります。熱交換器全体を取り換えずにプレートを交換するだけでも、機能が回復するケースがあるため、対応していただける会社に早めのメンテナンスを依頼することが大切です。熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です