熱交換器メンテナンスの重要性について

プレート式熱交換器は様々な製造業の現場において採用されており、伝熱部に複雑なプレス形状の薄板を使うことで高い伝熱性能を発揮します。乱流効果が得られるため総括伝熱係数が多管式などと比べて高く、さらに乱流効果がプレート表面に汚れを付着するのを防ぎます。プレート式熱交換器は伝熱係数が優れているだけでなくフレーム自体にメンテナンスのためのスペースがあり、設置面積が小さくコンパクトです。完全な対向流での熱交換が可能であり、高い熱交換効率を誇ります。

高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近できるだけでなく、伝熱面積の増減も容易に行なえます。プレート式熱交換器はステンレス鋼やチタンなど、多数の耐食金属の薄板からプレスで作った伝熱プレートを使っています。伝熱プレート間に流体が流れるような構造になっており、高温と低温の流体が1枚置きに流れます。プレートのプレス形状や構造などによって特定の機能性に特化したタイプがあり、製造業の現場における様々なニーズに対応できます。

プレート式の熱交換器は優れた性能を発揮しますが、安定的に稼働させるには定期的な熱交換器メンテナンスが重要です。熱交換器メンテナンスの際に正しい方法で洗浄を行えば、プレートを傷めることなく性能を回復できます。また熱交換器メンテナンスを行うとプレートの歪みや腐食、ピンホールなどの問題を早期に発見できるというメリットもあります。エネルギーロスを抑え突然のトラブル発生を回避したいのであれば、定期的な熱交換器メンテナンスを行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です