遠心力を利用する優れたろ過器とは

ろ過器には砂利やガラス製のフィルターを使うものの他に、遠心力を利用するものがあります。砂利やガラス製のフィルターを使うタイプのろ過器は、水に含まれる不純物を濾し取る仕組みになっています。汚水や汚泥などを処理するために砂利がフィルターとして広く使われていますが、長期間にわたって使い続けていると内部に不純物が浸透して性能が低下します。砂利をフィルターにするタイプは薬液を使わないので簡単に扱うことができ、砂利に含まれる藻類や微生物が菌類も除去してくれます。

しかしこのタイプのろ過器は不純物を除去するのに時間がかかり、濁り過ぎた水には対応できないというデメリットがあります。砂利をフィルターにすると定期的に交換しなければなりませんが、ガラス製のフィルターを使えば頻繁に交換する必要がありません。ガラス製のフィルターを使うタイプのろ過器は、グラスパールフィルターと呼ばれており汚れを排出して内部を綺麗な状態に保つことができます。このタイプは砂利を使うものよりもろ過の性能が優れているので、濁りの酷い水にも対応可能です。

遠心力を使うタイプのろ過器はマルチサイクロンと呼ばれており、不純物を除去する優れた性能を備えているだけでなくメンテナンスフリーであるというメリットがあります。このタイプには下部に透明なタンクが設置されていて不純物が蓄積する様子を確認でき、ドレンバルブを開けば簡単に排出可能です。メンテナンスの手間を省いて効率的に不純物を除去したいのであれば、強力な遠心力を利用するマルチサイクロンを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です