夏場の家庭でできる省エネ対策

投稿日:

夏になると熱中症の人が増え、多くの人が命を落としています。屋外だけでなく、屋内で亡くなる人も多いのをご存知でしょうか。特に高齢者は体温調節がうまくできないため、エアコンなどを上手く利用して体温をコントロールする必要があります。しかしエアコンは電気代を節約するために使わない人もおられ、夜間熱中症で体調を崩されるケースもあるので注意してください。

エアコンを使わない人の理由の多くを占める部分に、省エネ化あります。エアコンの温度を上げすぎても効果がないので、適正温度守りあとは工夫をして省エネすることをお勧めします。簡単にできる方法は、エアコンを28°に設定し扇風機やサーキュレーターを利用して空気の循環を作ることです。エアコンは昔のエアコンを使っている人は、買い換えることも考えてください。

昔のものよりはるかに省エネになっているので電気代を安くすることができます。今使っているものを使いたいという人は、フィルターを丁寧に掃除をしたり業者に頼んで内部の掃除をしてもらうことです。内部が汚れていると本来使う電力異常のパワーが必要になるので、そのぶん電気代が高くなります。次に窓からの熱の侵入を防ぐことを考えましょう。

窓から多くの熱が入ってくるので、それを遮断することとエアコンの冷気を外に逃がさないようにします。2重窓にすることが一番良いのですが、費用がかかりますし工事が必要なのでホームセンターに行くと簡易的な二重窓を作るものが売られているので、そちらで対策すると便利です。省エネのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です