熱交換器 スケールはしっかりクリーニング

熱交換器スケールが蓄積していくと、様々なリスクを招くことになります。そもそもスケールの原因は、熱交換器内の流体から水溶性のカルシウムやカリウム等が析出し、それが配管やプレート等に固着したもの。放置したままでいると、熱伝導が不十分になって、産業現場で必要な熱量を十分に供給できなくなることもあり得ます。熱交換器はボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、あらゆる産業現場では欠かせない汎用性の高い機器なので、ちょっとした不具合があっても、現場全体に深刻なダメージをもたらしかねません。

このようなリスクを避けるには、普段から定期的な点検を怠ることなく実施し、熱交換器スケールのクリーニングを含めたメンテナンスも徹底することが肝心です。とはいえ、自社で対応できるほどの人員や技術に余裕のない産業現場もあるはず。そんなケースでは専門メーカーへ依頼するのがベターです。特に現場に導入した製品のメーカーであれば、自社製品についてのノウハウや部品等も豊富なので、スピーディーで確実な対応が期待できます。

また定期的な点検でも担当の専門エンジニアから有意義なアドバイスを受けたり、逆に質問や相談の機会を得ることもできるでしょう。さらに現場に機器を導入する段階から、熱交換器スケールの付着しにくタイプを選定することも大切です。例えばプレート式であれば乱流促進構造による高い熱効率を実現できる上、その自己洗浄機能によってスケールの付着も抑制することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です