排熱利用でエネルギーの消費量を抑えるには

企業が排熱利用によってエネルギーの消費量を抑え、コスト削減を図る際に使われている代表的な装置がヒートポンプです。工場の機械や設備を稼働させる際に生じる排熱は、10度から40度ほどの低温であるケースが多く見られます。比較的低い温度の熱を再利用するのは難しいと思われがちですが、ヒートポンプを使えば10度から40度程度の低温の熱でも有効に活用できます。低温の空気から熱を集めて高温に変えるヒートポンプは、エアコンや冷蔵庫の他に給湯システムや床暖房などにも利用されています。

ヒートポンプと同様に全熱交換器も排熱利用が可能な装置ですが、温度だけでなく湿度も交換・回収できます。全熱交換器は空調によって失われる温度と湿度を交換・回収するため、熱だけを交換するヒートポンプよりもエネルギー効率が優れています。最近では様々な場所で、コージェネレーションシステムを使った排熱利用が行われるようになりました。このシステムは熱と電力を同時に生産する設備のことで、排熱利用によって限られたエネルギーを最大限に活用できます。

電力会社などでは軽油や重油など化石燃料を使ったコージェネレーションシステムが採用されています。一般的な熱供給システムと発電システムは、利用しない熱を外気に放出して捨てるだけです。単体で使用する場合のエネルギー効率はそれぞれ40%ほどとされていますが、コージェネレーションシステムを使えば総合的なエネルギー効率が70%から85%ほどに上昇します。このシステムを使えば排熱利用によってエネルギー効率を大幅に高め、化石燃料の消費量を抑えることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です