排熱利用のための様々な装置について

排熱利用に使う装置にはコージェネレーションシステムやヒートポンプ、全熱交換器などがあります。捨てられていた熱を再利用すれば、エネルギー効率が高まりコストを削減できます。石油など化石燃料の消費量も減少するので、地球温暖化の防止にも貢献でき企業イメージが高まるというメリットもあります。コージェネレーションシステムはガスなどを駆動源とする発電機で電力を発生させる一方で、排熱利用によって給湯や冷暖房などを行います。

電力会社などでは石油を燃料として使うシステムが普及しており、建築設備用のシステムは天然ガスを使うのが一般的です。このシステムは電力と熱を同時に生産するという特徴があり、単体で設備を使う場合と比べて大幅にエネルギー効率を高めることができます。発電や熱供給のシステムを別個に使用する場合のエネルギー効率は、それぞれ40%ほどとされています。発電と同時に排熱利用を行った場合、総合的なエネルギー効率は70%から85%まで高めることができます。

ヒートポンプには圧縮式と吸収式の2種類がありますが、いずれも10度から40度ほどの低温の熱を高温に変える機能を備えています。工場などで機械や設備を稼働させると比較的低温の熱が生じますが、この装置を使って排熱利用を行えばエネルギー効率が高まります。ヒーターなどを使って熱を生じさせるよりも少ないエネルギーで排熱を再利用できるため、製造業の現場で広く採用されています。全熱交換器は空調で失われる湿度と温度を交換・回収する装置です。

熱だけを交換するヒートポンプよりも優れた省エネ性能を備えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です