エネルギー効率を大幅に高める排熱利用

排熱利用によってエネルギー効率を高めると、石油などの化石燃料の消費量を節約できます。ヒートポンプなどの装置を使えば省エネルギー化を図ることができますが、一定の初期投資が必要になります。国や地方自治体には補助金や助成金など、省エネルギー化を図る企業を支援する様々な制度が存在します。排熱利用によってエネルギー効率を高めるには初期投資が必要ですが、補助金などを利用すれば導入費用を安く抑えることができます。

石油などの化石燃料を燃やせば、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出することになります。ヒートポンプや全熱交換器、コージェネレーションシステムなどを使って排熱利用を行うと化石燃料の消費量が少なくなり地球温暖化防止にも貢献できます。円滑な事業運営を行うにはコスト削減に努めるだけでなく消費者や投資家、取引先などからの評価を高めることが重要です。排熱利用はエネルギー効率を大幅に高めて燃料費を節約できるだけでなく、地球温暖化の防止に貢献して企業のイメージを向上させます。

ヒートポンプは10度から40度ほどの比較的低温の熱を集めて高温に変えることができるため、様々な工場で使われています。全熱交換器は空調で失われる温度と湿度を交換・回収するシステムで、ヒートポンプよりも高い省エネルギー性能があります。コージェネレーションシステムは発電と排熱利用を同時に行うシステムで、エネルギー効率を70%から85%まで高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です