アルカリ洗浄液の特徴とは

液体は、pHの指標により酸性中性アルカリ性に分類することができます。このうち、アルカリ性の性質をもった洗剤こそがアルカリ洗浄液です。なお、汚れを落とす際の基本は中和です。つまり、アルカリ性とは逆の性質を持つ酸性の汚れを落とすのにアルカリ洗浄液は活躍します。

また、アルカリ洗浄液の中にも弱アルカリ性とアルカリ性の記載の2種類がある点には注意が必要です。これは、pHの数字によって違いがあり、8から11までが弱、11以上が強となるためです。この際、特に記載がないものについては基本的に強アルカリ性と考えましょう。また、pHの数字が大きい強アルカリ性のものほど酸性汚れへの洗浄力は上がります。

ただ、その分刺激も強くなるので上手に使い分ける必要があります。特に強い洗浄液を使う際には必ず手袋を着用するようにしてください。合わせて、洗浄する対象物をかえって傷つけてしまうことがあるのでまずは目立たない場所で軽く試してから使うようにするのがおすすめです。ちなみに、掃除で活躍するアイテムとしてよく耳にする重曹も弱アルカリ性に分類されます。

つまり、水と混ぜて汚れに塗布すれば、市販のアルカリ洗浄液と同じような効果を見込めます。しかも、自然由来の成分なので弱アルカリ性のもので考えても市販の洗浄液に比べて安全性が高くて子供がいる家でも安心して使えるのが魅力です。ただ、その分やや市販のアルカリ洗浄液より洗浄力は劣る傾向にある点には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です