アルカリ洗浄液の有用性

私たちは、日常生活において実に様々な洗浄液を使用しています。中性洗剤や塩素系の洗浄液あるいはアルカリ洗浄液など実に様々な洗剤があり、それぞれの用途によって使い分けられています。私たちの日常生活でもっともよく使用されるのが、中性洗剤です。毎日食事をしたあとの食器の洗浄には、この中性洗剤が一般的に使用されます。

この中性洗剤は、デンプン汚れや軽い汚れを落とすのに最も優れており、さらに人体にさほど悪影響を与えないメリットから、食器洗いに使用されます。この他私たちの日常生活においては、洗濯に使う洗濯剤があります。この洗濯洗剤には実に様々あり、汚れを落とすだけではなく、漂白効果を与えるものがあり、その場合は塩素系の成分が含まれています。この塩素系の成分を含む洗浄液は、漂白効果や殺菌効果が高いため、まな板の漂白・消臭に用いられたりします。

しかし、この塩素系の洗浄液や先ほどの中性洗剤は、たんぱく質の汚れに弱いという欠点があります。例えば、食肉を製造している食品工場では、肉を製造したあとにできるタンパク汚れは、中性洗剤や塩素系洗剤ではなかなか汚れを落とすことができません。そのため、こういったタンパク汚れを落とす時にはアルカリ洗浄液を使用することが一般的です。このアルカリ洗浄液はタンパク汚れに対して非常に高い洗浄効果を発揮します。

そういったことから、中性洗剤や塩素系薬剤などと使い分けを行うことで、非常に有効な効果を発揮するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です