水質浄化に威力を発揮するマルチサイクロンとは

マルチサイクロンは遠心力を利用して異物の混じった水を浄化するろ過装置で、非常に扱いやすいため食品や金属加工など様々な工場で使われています。海外製の掃除機の中にはサイクロンを使用したものがあり人気ですが、マルチサイクロンはその技術を水に適用したものです。下部から取り入れた異物の混じった水がサイクロン部に流れ込むと、激しく回転して遠心力を発生させます。複数のサイクロンが生み出す強力な遠心力によって分離された異物は下部の透明なタンクに溜まり、浄化された水は上部から排出される仕組みになっています。

マルチサイクロンは下部に透明なポリカーボネートの沈殿槽があり、外部から中を確認できるため難しい制御を行う必要がありません。上部のカバーは紫外線や腐食に耐える素材が使われているので、長期間にわたり故障を気にせず使い続けることができます。ポリカーボネートの沈殿槽に溜まった異物はドレンバルブを開けば排出できる構造になっています。一般的なろ過器は使い続けるとフィルターが汚れて性能が低下するので、頻繁に交換しなければなりません。

マルチサイクロンはフィルターを使わず異物を簡単に排出できる仕組みになっており、メンテナンスをしなくても性能を維持できます。製造業の現場では複数の物質が混じっている水の中から、特定の種類だけを取り出す作業が行われることがあります。マルチサイクロンは異物の混じった水の中から特定のものだけを素早く取り出すことができるため、製造業の現場で広く使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です