効率的に異物を除去できるマルチサイクロンの特徴とは

マルチサイクロンは筒状のろ過装置で、上部は均一な太さですが下部に行くほど細くなるという特徴があります。内部には複数のサイクロンが設置されていて、異物を含む水が流入すると激しく回転します。回転によって強力な遠心力が発生し、異物が自ら分離され下部の透明なタンクに溜まります。タンクの様子は外部から容易に確認できるようになっており、溜まった異物はドレンバルブを開いて排出します。

ドレンバルブを開けば全ての異物が排出されるため、性能を維持するために特別なメンテナンスは不要です。ろ過装置には砂利をフィルターとして使う緩速ろ過や、ガラスをフィルターにするグラスパールフィルターなどがあります。前者は多層に敷き詰めた砂利をフィルターにする装置で、砂利に含まれる藻類や微生物が細菌や悪臭も除去してくれます。薬品を使わず安全にろ過できますが。

濁り過ぎた水には対応できず水質を改善するまでに時間がかかります。グラスパールフィルターは緩速ろ過よりも性能が優れており、フィルター内部の汚れを排出できます。これらはいずれも長期間にわたって使い続けていると汚れが蓄積するので、定期的にフィルターを交換しなければなりません。マルチサイクロンは緩速ろ過やグラスパールフィルターとは異なり、完全にメンテナンスフリーです。

遠視力で効果的に異物を分離できるだけでなく、溜まったらドレンバルブを開いて排出するだけで性能を維持できます。高性能で扱いやすいため、マルチサイクロンは食品工場や化学製品工場の他に金属加工工場や浄水場など様々な場所で使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です