企業の営業活動を助ける排熱利用について

企業が円滑に営業活動を行うためには、必要な人材や設備など経営資源を確保するだけでなく無駄を徹底して省かなければなりません。活動上必須となるものにはしっかりと予算をかける一方で、不要なものを省いてコスト削減を図ることが重要です。投資とコスト削減を同時に行うことで、無駄が省かれた効率的な営業活動が可能になります。機械や設備を稼働させるにはエネルギーを消費しますが、ヒートポンプなどの装置を使って排熱利用を行えば消費量を大幅に抑えることができます。

営業活動を効率的に行うため、様々な装置を使って排熱利用に取り組む企業が増えています。ヒートポンプは空気などから低温の熱を回収し高温にして取り出す装置で、圧縮式と吸収式の2種類が存在します。圧縮式はコンプレッサーで冷媒を圧縮・膨張させる点に特徴があり、気体が圧縮すると温度が上がり膨張すると温度が下がる性質を利用しています。吸収式は冷媒に水を使い蒸発と吸収、再生と凝縮を繰り返すという特徴があります。

ヒートポンプには異なる方式が存在しますが、いずれも低温の熱を高温にして利用できます。発電と排熱利用を同時に行うコージェネレーションシステムも、コスト削減のため多くの企業が導入しています。電力会社などでは軽油や重油を燃料としたシステムが普及しており、コスト削減だけでなく化石燃料の消費量を減らして地球温暖化の防止にも貢献できます。排熱利用を行うヒートポンプやコージェネレーションシステムなどの装置は、企業がエネルギー効率の向上とコスト削減を図る上で重要な役割を担っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です